HOME » おすすめはこれ!今導入しておきたい業務用脱毛器

おすすめはこれ!今導入しておきたい業務用脱毛器

ここでは、エステサロンで使用される代表的な脱毛器を紹介。あわせて、主にエステサロンで使用される「光脱毛器」と、クリニックなどで使用される「レーザー脱毛器」の違いについても解説しています。

エステで使用される光脱毛(フラッシュ脱毛)の代表的な製品

シルキーライトⅡ

日本製の業務用光脱毛機、シルキーライト・シリーズの最上位機種。

日本人の肌に合わせて開発されているため、肌トラブルが起こりにくく高い効果が見込めます。男性のヒゲにも対応。

シルキーライトⅡについてもっと詳しく>>

ルミクスツイン

1台で、脱毛・スキンケア・シミ・シワ・ニキビケア・赤ら顔ケア・バストアップなど、豊富なエステメニューに対応できるマシン。

操作が簡単でオールマイティに利用できます。

ルミクスツインについてもっと詳しく>>

エピアスライト

国内での開発と生産にこだわって販売されている業務用光脱毛器。

スムーズな使用感や肌へのいたわり、効果や安全性を考慮し、脱毛とフェイシャルの両方に必要なスペックを搭載しています。

エピアスライトについてもっと詳しく>>

GSD h150ws

国内販売3ヶ月で90社以上が採用した実績を持つ、人気の低コスト次世代型脱毛複合機。

スリムなデザインでありながら、脱毛・美白・リフトアップと1台で3役を使いこなせる多機能性があります。

除毛や減毛、フェイシャル、シミ・シワ・くすみ、赤み、ニキビ・毛穴、バストなど、さまざまなニーズに応用でき、コスト削減にも効果的。

GSD h150wsについてもっと詳しく>>

光とレーザー、業務用脱毛器の種類

プロの脱毛にはエステサロンや脱毛サロンでの施術と、美容クリニックで行う場合との2種類があります。エステサロンで行う場合は「光脱毛」、クリニックでの脱毛は「レーザー脱毛」が用いられるのですが、その違いを明確に把握しておくと実際に脱毛するとき役立ちます。

まず、光脱毛とレーザー脱毛の違いを簡単に説明していきます。

光脱毛の特徴は、複数の波長を含む光で広範囲に照射。一方のレーザー脱毛では、単一の波長を集中的に照射することで施術を行います。

光脱毛は、光の出力が一定に設定されているためどんな人でも扱えますが、照射出力の高いレーザー脱毛は医療従事者の使用しか許されていません。

以下で、それぞれの脱毛の特徴をさらに詳しく解説していきます。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛は、光を照射して毛根のメラニンを刺激して脱毛を促す方法。サロンによっては「フラッシュ脱毛」と呼ばれることもあります。

照射出力は比較的に弱く、その分痛みが少なくて肌に優しいのが特徴。2~3ヶ月に1度、毛の生える成長期に施術を行い、これを1~2年の間繰り返すことで脱毛します。

最近では、値段の手頃な家庭用の光脱毛器もありますが、あまり有効でないことも。エステサロンのほうが、確実かつ高い効果が得られます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛器は、医療従事者でないと扱うことができないため、美容クリニックでの施術となります。

光脱毛よりも出力が高く、痛さを感じる場合もあることから、事前に麻酔クリームなどを塗って痛みを軽減させます。

光脱毛と同様に、毛周期に合わせて5~6回の施術を繰り返し脱毛。出力が高い分、脱毛効果もアップしますが、1回あたりの値段は光脱毛よりも高くなります。