エステ開業に必要なものとは?

用品や物件などエステサロンの開業資金

エステサロンを開業する際には、どのぐらいの予算を見積もっておけば良いのでしょうか。規模によって異なりますが、ひとまず小規模なサロンを開業すると想定してご説明します。

まず、エステ用品としては施術用のベッドとチェアや備品などはもちろん必須。余裕があれば、サービスで提供するお茶や白湯などのウォーターサーバーも欲しいところです。

脱毛や痩身ための業務用エステ機器、美顔器などは、メニューやサロンの規模によって揃えましょう。

こういったエステサロンで使用する用品や機器の値段は、マシンにもよるので一概に相場は出せませんが、もう1つ忘れてはならないものがあります。それはサロンを開業する物件

自宅などでエステサロンを開業する場合を除き、店舗のスペースを不動産屋などから借りなければなりません。

物件に必要な費用は、家賃や内装工事費など含め250~300万円程度。となると、エステ用品と物件の資金を合わせると自己資金だけでは補えない場合がほとんどです。

そのため、エステサロンを開業するのなら融資を受けたいところですが、新しいビジネスを始めるに当たっては銀行からお金を借りるのはなかなか困難がつきまといます。

そこで、女性であればおすすめなのが日本政策金融公庫の「女性・若者・シニア起業家資金」という制度。新たに事業を始める女性や、事業を始めてから7年以内の女性であればどなたでも審査を受けることができます。

エステサロン開業に関する資格と届け出

エステサロンを開業するなら「個人事業主の開業届出」を税務署に提出しなければなりません。これは、開業から1ヶ月以内に届け出るのが義務になっています。

ほかにも取得しておきたいのがエステティシャンの資格類。ご存知のように、エステサロンの開業に際しては国家資格やライセンスは必要ありません。

しかし、特に日本のような国では資格を持っていたほうが社会的信頼を得やすいのが現実です。

以下で、代表的なエステティック団体や協会の資格を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本エステティック協会

  • 認定トータルエステティックアドバイザー
  • 認定エステティシャン
  • 認定上級エステティシャン
  • 認定フェイシャルエステティシャン
  • 認定ボディエステティシャン

日本エステティック業協会(AEA)

  • AEA認定エステティシャン
  • AEA上級認定エステティシャン
  • AEA認定インターナショナルエステティシャン

国際エステティック連盟(INFA)

  • INFA国際ライセンス