【完全版】業務用エステ機器大百科 » 知っておきたい!エステ経営の基礎知識 » 失敗しない業務用エステ機器の選び方
公開日: |最終更新日時:

失敗しない業務用エステ機器の選び方

エステサロンに業務用エステ機器を導入しようとしている方のために、どんなポイントに注目してエステ機器を選ぶべきなのか解説!導入後に「失敗した…」とならないよう、ぜひチェックしてみてください。

はじめて業務用エステ機器を導入するなら…選び方はコレ!

業務用エステ機器を選ぶなら、以下に挙げる4つのポイントをチェックしましょう。ニーズに合ったエステ機器を導入し、安心して使用し続けるために重要となるポイントです!

導入費用はかかるか

エステ機器の導入を考えたとき、やはり気になるのが導入費用です。できるだけ抑えたいと思うものですが、同等製品と比べて価格があまりに安い場合や値引き率が高すぎる場合は注意が必要。パワーが低い可能性があり、得られる効果が違ってきます。同等製品を多く比較し、妥当な価格のものを検討しましょう。

また、まとまった導入費用を用意するのが難しい場合は、リースやレンタルが可能かどうかをチェックするのがおすすめ。「月額~円」といった支払いシステムなら、まとまった費用がなくても導入可能です。

無料体験はあるか

無料体験サービスやデモンストレーションサービスを提供している会社(製品)を選ぶのも大事なポイント。導入前に実際に触れて使ってみることで、導入後に「公式サイトに書かれていたような効果が得られない…」「意外と使いにくい…」「サイズ感が部屋に合わなかった…」といったようなことになるのを避けられます。気になるエステ機器がある場合は、ぜひ実際に試せるかどうかをチェックしましょう。

保証制度はあるか

導入後に万が一不具合が生じてしまった時に、お客様に迷惑がかからないよう、保証やサポート面をチェックしておくことも重要です。「修理や交換に関する保証制度はあるか」「保証期間はどのくらい設けられているか」「アフターメンテナンスに関するサービスはあるか」「具体的にどのようなサポートサービスを受けられるか」などを、購入前にしっかり確認しておきましょう!

照射時間は早いか

エステ機器を選ぶうえで、照射時間(施術時間)のスピーディーさも要チェックポイントです。施術に時間を要するエステ機器では回転率が下がり、店舗の収益に影響します。回転効率を上げて収益アップを目指すためにも、ぜひ照射時間(施術時間)の短いマシンを選びましょう!

業務用エステ機器の種類

美容を専門としているエステは、美肌や痩身、脱毛などそれぞれの目的に応じて機器を揃えるのが基本となっています。そのため、まずはどのような施術を提供するのか、どんな機器であれば目的の施術が行えるのかという点を確認することが非常に大切です。

美容エステで用いている機器にはさまざまなものがありますが、例として下記のような機器が挙げられるでしょう。

また、美容エステで用いられている機器にはさまざまな特徴があります。例えば痩身の施術に利用する機器を選びたい場合でも選択肢はひとつではないため、それぞれどんな特徴を持っているのかを確認する必要があります。本サイトでは、さまざまな機器を紹介していますので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

美容機器選びのポイント

美容機器の導入を選択する際には、どの機器が良いのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

選択方法としてはさまざまなものが考えられますが、まずは「機能の多さで選ぶ」という点が挙げられるでしょう。美容機器は1つの機能に特化したものもありますが、中には複数の施術に対応できるタイプもあります。例えば痩身と美肌のための施術を1台で行うことが可能なものも。1台で複数の施術をカバーできれば、その分導入費用も抑えられます。

また、「機器の大きさ」もポイントのひとつ。その機器が施術室に入る大きさなのかといったことや、使用しないときにエステの通路を塞ぐことがないか、という点はしっかりとチェックしておくべきポイントであるといえるでしょう。

費用対効果

エステ用機器を導入する際には、「費用対効果」についてもしっかりと考える必要があります。そのためには、機器を導入してエステを運営していくためには、どのような費用がかかるかを把握しましょう。

機器の導入から運用については「目に見える費用」と「目に見えない費用」の2種類がありますが、「目に見える費用」については、まず「導入費用」が挙げられます。さらに、その機器の使い方を覚えるための「研修費用」、使用する中で不具合が起きたり消耗品切れが起きた場合の「メンテナンス費」「消耗品費」、導入にリースやレンタルを利用する場合には「リース・レンタル費用」などが必要になってきます。

また、「目に見えない費用」としては、施術にあたり動員するスタッフや研修などで動員するスタッフの「人件費」があります。さらに、「土地の費用」も考えておく必要があるでしょう。これは、店舗ビジネスを運営するにあたって「坪あたりの売り上げ」は非常に大切な指標であるため。そこで把握しておきたいのが、機器の大きさやどれくらい回しやすいのかという点となってきます。

編集部より

ここまで、“失敗しない業務用エステ機器の選び方”を見てきました。エステ機器は、決して安くない買い物です。サロンにとって大きなメリットとなる納得のマシンを選ぶために、ぜひ上記4つのポイントに注目しながら選んでみてください!