【完全版】業務用エステ機器大百科 » 業務用痩身機器まとめ » フィジオ ラジオスティムMH2
公開日: |最終更新日時:

フィジオ ラジオスティムMH2

ここでは、業務用エステ機器の「フィジオ ラジオスティムMH2」について、特徴や口コミ評判を徹底調査しています。

フィジオ ラジオスティムMH2の特徴

フィジオ ラジオスティムMH2のイメージ
画像引用元:酒井医療株式会社公式サイト
(https://www.b-shin.com/focusneo.html)

効果や仕組み

痩身への効果

脂肪が温まる周波数であるラジオ波を効果的に当てられるので、瘦身効果が高まります。スポットで狙った部位に当てることも可能。部分痩せメニューにも活用できます。

深部の違和感軽減

温まるので、体の動きもスムーズになり、体の深部の痛みなどの違和感が軽減します。美容以外の効果を実感してもらえ、リピート率アップに貢献してくれるでしょう。

サロンのメリット

手技を効果的に活かせる

セラピストの手首に巻き付けたり、手の甲に当てたりして使用可能。手の平や指をお客様に当ててセラピストの手を通して温熱効果を伝えるので、マッサージなどの手技による気持ち良さを損ねません。リピートを促せます。

使いやすいデザイン

手にフィットするグリップや大型のカラータッチパネル、専用ワゴンなど、サロンで使いやすい形状です。

スポーツで多く使われている

有名なスポーツ選手が体のケアに取り入れている機器なので、自信をもって施術できます。また、お客様からの信頼も得やすく、他店との差別化がしやすいです。

その他メーカーのサポート

セミナーを随時開催

物理療法の基礎や最新の応用方法まで教えてもらえるセミナーを開催しています。機器の使い方のコツを、実技を交えて教えてくれる講習です。

はじめての方はコレ!導入しやすい
業務用エステ機器おすすめ3選

フィジオ ラジオスティムMH2の注意点

公式サイトに記載されていた使えない方は、入れ墨(タトゥー)が入っている方だけでした。他に使用できないケースや注意点はメーカーにお問い合わせください。

フィジオ ラジオスティムMH2の付属品

RETプローブを手の甲に当てるとお客様に接している手の平から熱を伝えられる「ヒートハンド」が付属しています。マッサージしながらセラピストの指先からラジオ波温熱を加えられる仕組みです。手首に巻き付けるだけの温熱プローブ「マジックヒートハンド™」も付属しています。

フィジオ ラジオスティムMH2を導入した
サロンオーナー・お客様の口コミ

深い部分の痛みやハリが和らぐ

一番、いいなと思ったのは、手技療法を施したときのように筋肉が防御収縮を起こしてこわばることがないので、どこでも狙った場所をすぐに刺激できるところ。手ではとれない深いところにあるぐじゅぐじゅ感やハリも取り除いてくれるのが気に入って、以後、ずっとお世話になっています。(プロ野球選手菊池雄星)

引用元:酒井医療株式会社公式サイト(https://www.sakaimed.co.jp/advance/interview/kikuchi-yusei/)

冬は練習前に使うと動きが良い

ラジオ波は素早く温めてくれるのが気に入っています。特に筋肉が固まってしまいがちな冬は練習前にもラジオ波を使うようになりました。しなやかで柔らかいといえばいいのかな。明らかに動きがよくなりますね。(ラグビーチームサントリーサンゴリアス田村熙)

引用元:酒井医療株式会社公式サイト(https://www.sakaimed.co.jp/advance/interview/suntorysungoliath/)

基本情報

発売元 酒井医療株式会社
価格 2,380,000(税別)
波長 高周波(ラジオ波)
重量 3.5kg