【完全版】業務用エステ機器大百科 » 知っておきたい!エステ経営の基礎知識 » エステサロンの開業をサポートする補助金や助成金
公開日: |最終更新日時:

エステサロンの開業をサポートする補助金や助成金

このページでは、エステサロン開業を検討している方が知っておきたい助成金や補助金について解説しています。自分がどのような支援を受けられるかを確認しておくことはその後の経営にも関わってくるともいえますので、よくチェックしておきましょう。

助成金と補助金の違いとは

エステサロンを開業する際に利用できる公的支援金として、さまざまな助成金と補助金があります。ここでは、まず助成金と補助金の違いについて説明します。

助成金とは

まず助成金ですが、これは厚生労働省が担当しているものです。交付の対象となるのは「適切な雇用があると判断された事業所」「1人以上のスタッフを雇用している事業所」となっています。融資とは異なり、返済の必要がないという点が大きな特徴といえるでしょう。また、助成金は課税対象となります。

補助金とは

補助金とは、経済産業省や中小企業省が取り扱っており、助成金と同じく返済は必要ありません。ただし、補助金の特徴としては申請条件に当て待っている場合でも受けられない可能性もある、という点です。これは、補助金は先行形式であるため。その反面、助成金については申請条件を満たしており、正しく申請すれば需給が可能であるという点が大きな違いと言えるでしょう。

エステサロン開業資金・経営資金を
サポートする助成金・補助金

では、エステサロンを開業する際や経営する上で利用できる助成金や補助金をいくつかご紹介します。さまざまな助成金や補助金がありますので、自分のお店ではどれが当てはまるか、またどのような条件があるかを確認しておきましょう。

キャリアアップ助成金

アルバイトや派遣スタッフ、パートなど非正規雇用労働者を正規雇用した際などスタッフの待遇改善を行った際に受給できる助成金です。さまざまなコースが用意されており、上記のように正社員として雇用した場合や有期雇用を無期雇用にした場合、無期雇用を正規雇用とした場合といったパターンがあり、条件や支給額が異なるためよく確認しておくことが必要です。また、生産性を上げるなどの条件を満たすことにより支給額が増加するといった特徴もあります。

エステサロンを経営していく中では、サロンの規模が大きくなったりお客さまが増えることによってスタッフを増員することが考えられますので、スタッフの雇用を考える上で一緒に検討したい助成金といえるでしょう。

人材開発支援助成金

その名の通り、人材育成や教育に力を入れている事業主に対して支給されます。例えば、スタッフが技術の向上や資格を取得することを目的とした休暇制度や短時間労働制度などを設けた場合に申請が可能です。また、社内の検定制度を用意したときも対象となります。

この助成金には「キャリア形成支援制度導入コース」と「職業能力検定制度導入コース」の2種類がありますので、どちらのコースが当てはまるかを確認しておきましょう。

自治体独自の助成金

会社を設立する・起業する自治体でも創業のための助成金を用意しているケースが多くあります。ここについては、自治体ごとに助成金の種類や対象、申請方法が異なりますので、自分が起業する自治体に問い合わせて確認します。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、その名の通り小規模事業者(サービス業では従業員数以下)を対象とした補助金です。経営経過に沿って販路の開拓や生産性を向上するための取り組みを行っている事業者に対して、持続的な発展をサポートすることを目的としています。

新たな商品やサービスの開発に加え、すでにあるサービスや製品の販路を開拓する際に必要となる経費が補助対象とされているため、エステの場合は高性能な機器を購入したり、Webサイトの製作費用などが該当すると考えられます。

IT導入補助金

小規模事業者や中小企業を対象として、生産性を向上するためのITツールを導入する際の費用を補助する制度となっています。ITツールにはソフトウェアやサービスなどが該当し、顧客管理を行うためのシステムを導入したり、生産性向上につながるパソコンやプリンターなどの設備費用などが補助対象となります。

また、2020年度からは新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、キャッシュレス決済端末などの導入費用を対象とした非対面型ビジネス枠が設けられています。

ものづくり補助金

ものづくり補助金も小規模事業者や中小企業を対象としている補助金です。革新的な商品やサービスの開発を支援することを目的としていますので、サロンの新メニューの開発や導入に必要な費用などが対象になると考えられます。

ただし、ものづくり補助金は審査が厳しい補助金であるということを念頭においておく必要があるでしょう。