【完全版】業務用エステ機器大百科 » 業務用痩身機器まとめ
公開日:|最終更新日時:

業務用痩身機器まとめ

ここでは、エステサロンで人気の業務用痩身機器を紹介!業務用痩身機器や痩身機器に使用されている機能の違いについてもわかりやすく解説しています。元エステティシャンの業務用痩身機器体験会潜入レポートも要チェック!

エステで使用される代表的な業務用痩身機器

フォーカスネオ

フォーカスネオのイメージ
画像引用元:フォーカスネオ公式LP
(https://www.b-shin.com/focusneo.html)

フェイシャル&ボディどちらもOK。購入時に4.5mm・8mmのヘッドが選べ、脂肪の厚みに合わせて調整できます。フェイシャルならsmas層、ボディなら脂肪層へアプローチ。

口コミ

「導入研修時もわざわざ東京から青森まで来ていただき、丁寧に教えてくださいましたので、不安もなくなりました。導入後もアフターフォローをしっかりしていただき感謝しています」
引用元:フォーカスネオ公式サイト(https://focusneo.net/)

価格:導入費用0円~
波長:超音波エネルギー 
重量・サイズ:奥行き45 cm×幅35 cm×高さ35cm(ワゴンを含めると奥行き45 cm×幅cm 35×高さ110cm cm)

フォーカスネオの商品ページへ

フォーカスネオについてもっと詳しく

セルライトネオ

画像引用元:株式会社Dr.Visea公式HP(https://visea.jp/pamphlet.pdf)

1台で脂肪燃焼や引き締め、皮下温熱、美肌などさまざまな施術が行える機器。6つのヘッドで効率をアップさせることによって、より効率的な施術が提供できます。ハイフとの組み合わせも可能。

口コミ

「今までは、オールハンドで単価アップが難しかったのですが、セルライトネオを導入してからは、短い時間でたくさんのコースが組めるので単価アップと、施術時間の短縮でお客様の回転率が上がったのでメリットしかないと感じています。新人教育も簡単なので本当に有難いです。」
引用元:セルライトネオ公式サイト(https://celluliteneo.net/)

価格:980,000円
波長:要問い合わせ
重量・サイズ:要問い合わせ

セルライトネオの商品ページへ

セルライトネオについてもっと詳しく

パイラソード

パイラソードのイメージ
画像引用元:トータル美容商社Rebody
(http://re-body.co.jp/blog/product/pyrswordパイラソード/)

「パラボラパルス」「パラボラメルト」「加圧&軽擦ドレナージュ」という3つのアプローチを、同時に行うことができるのが特徴。施術方法も比較的簡単です。

口コミ

「パイラソードを初めてしていただきました。1回の施術で生まれて初めてのクビレができて大満足!お店の雰囲気もよく清潔感もありとてもい心地が良い空間でした!」(お客様)
引用元:AnotherWedding (https://anotherwedding.jp/archives/24566)

価格:公式サイトに記載なし
波長:高密度球体式連続超音波、脂肪層自動測定連動中周波
重量・サイズ:780g / 約530mm×550 mm×40 mm

パイラソードの商品ページへ

パイラソードについてもっと詳しく

イントラスイーパー

イントラスイーパーのイメージ
画像引用元:ビューティスクエア
(http://www.beauty-square.biz/product/1141/)

1ヶ所の施術時間が約20分程度とスピーディー。太もも&ウエスト&二の腕、といったように気になる箇所を組み合わせても、比較的短時間での施術ができます。

口コミ

「たったの30分寝てるだけだから隙間時間でも部分痩せができちゃいます!これならぜひ続けたいですね!」(お客様)
引用元:イントラスイーパー公式サイト(https://www.withus-corp.jp/machine/intrasweeper/img/vol6.pdf)

価格:公式サイトに記載なし
波長:高密度球体式連続超音波、脂肪層自動測定連動中周波
重量・サイズ:公式サイトに記載なし

イントラスイーパーの商品ページへ

イントラスイーパーについてもっと詳しく

ハイパーナイフEX

ハイパーナイフEXのイメージ
画像引用元:ESPERANZA公式サイト
(http://www.indibasalon.com/hyperknife-ex.html)

高周波マシンのハイパーナイフは、特殊ハンドピースで「温め」と「ほぐし」の両方をほどこします。脂肪へのアプローチも◎。

口コミ

「小顔も痩身も全身施術して頂けて大満足です。矯正もしてもらえるので施術終わった後の身体がすごく楽になってる感じがします」(お客様)
引用元:ホットペッパービューティー(https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000480969/review/)

価格:公式サイトに記載なし
波長: SHF(潤滑高周波)
重量・サイズ: 21kg / 幅340mm×奥行370mm×高さ930mm)

ハイパーナイフEXの商品ページへ

ハイパーナイフについてもっと詳しく

キャビフル

キャビフルのイメージ
画像引用元:BEAUTY GARAGE公式サイト
(https://www.beautygarage.jp/p/ES-2388N-S)

太ももやお腹、ヒップなどのセルライトのほか、内臓脂肪や冷え・むくみなど、さまざまな悩みに対して使用することができます。

口コミ

「他のキャビテーションは脂肪を破壊するだけですが、この機械はラジオ波で温めながら脂肪を破壊できるということで、かなり効果が発揮できると思います」(サロンオーナー)
引用元:キャビフル公式サイト(https://doctorskits.com/product/cavi-fr_special/#review_sec)

価格:公式サイトに記載なし
波長:超音波、RFラジオ波、赤色LED
重量・サイズ: 10kg / 320mm×145mm×122mm

キャビフルの商品ページへ

キャビフルについてもっと詳しく

ヴィーナスラインミニ

ヴィーナスラインミニのイメージ
画像引用元:フォレストシンフォニー公式サイト
(https://www.forestsymphony.jp/product/body/venus-line-mini.html)

ヴィーナスラインは、RF(ラジオ波)と吸引を同時に行い、温めながらほぐすことが可能。独自の吸引システムがプログラムされており、従来の吸引マシンより痛みを感じにくい仕様になっています。

口コミ

「正直高額な買い物になるので、売りっぱなしのフォローのない業者さんからは購入したくなかったのですが、お肌を熟している西脇チーフさんの説明を聞き『この方から買いたい』と思いました」(サロンオーナー)
引用元:ヴィーナスラインミニ公式サイト(https://www.forestsymphony.jp/product/body/venus-line-mini.html)

価格:公式サイトに記載なし
波長: RF、赤色LED、青色LED
重量・サイズ:公式サイトに記載なし

ヴィーナスラインミニの商品ページへ

ヴィーナスラインミニについてもっと詳しく

ウルトラゼロ(ハイフォーカス)

ウルトラゼロ(ハイフォーカス)のイメージ
画像引用元:WORLD JAPAN
(https://esthekiki.com/slimming/ultra_zero/)

表皮のダメージを抑えつつ、エネルギーをターゲットの層まで直接的に照射できるのが特徴。表皮ダメージが少ない分、ダウンタイムが長引くことを防げます。

口コミ

「体験してみて少しでも違うなと思ったら断ろうと疑心暗鬼でデモンストレーションをお願いしてみました。予想を上回る心地よい体感と何より一度の施術で効果が出たのでこれならイケるかも!と導入を決めました」(サロンオーナー)
引用元:ウルトラゼロ公式サイト(https://esthekiki.com/rias/)

価格:導入費用:4,950,000円/リース料金:75,240円~/1ヶ月
波長:高密度焦点式超音波
重量・サイズ: 26kg / 1227mm(H)×477 mm(D)×471 mm(W)

ウルトラゼロ(ハイフォーカス)の商品ページへ

ウルトラゼロ(ハイフォーカス)についてもっと詳しく

キャビリポプロ

キャビリポプロのイメージ
画像引用元:BE-WAVE style
(https://www.be-wavestyle.jp/products/detail.php?product_id=204690)

販売元会社であるワールドアソシエイツの各営業所デモルームにて、実機を使ったデモンストレーションを受けることができます。また、サロンに直接来てデモンストレーションしてもらうこともOK。

口コミ

「機械を導入するだけでもコストがかかることを始め、また、単体機だと機能が足りなかったりするので、メイン機能が多く集約されているキャビリポプロはエステサロン開業者にとってはコスパが良い商品だと思います」(サロンオーナー)
引用元:業務用痩身機器比較サイト(https://gyomuyo-soshinkiki.com/recommend/cavilipo/)

価格:公式サイトに記載なし
波長:ラジオ波
重量・サイズ:18kg / 389mm(W)×286.6mm(H)×437.5mm(D)

キャビリポプロの商品ページへ

キャビリポプロについてもっと詳しく

キャビスパ for Pro プレミア

キャビスパfor Proプレミアのイメージ
画像引用元:BE-WAVE style
(https://www.be-wavestyle.jp/products/detail.php?product_id=204684)

プローブヘッドは、直径8cmほど。従来の機器よりも直径2cmほどコンパクトにすることで、大きくない女性の手でも扱いやすいサイズ感です。

口コミ

「キャビスパを購入してから1年ほどでハイフの使用を止め、現在に至るまでキャビスパ一本で手技をしています。現在は、2019年に発売された、シリーズ第3弾の最新モデル『キャビスパ for Pro プレミア』を導入してリピート使用をしています」(サロンオーナー)
引用元:キャビスパfor Proプレミア公式サイト(https://www.ya-man.com/biz/professional/case/shinygold.html)

価格:公式サイトに記載なし
波長:ラジオ波、低周波、中周波、高周波
重量・サイズ:510g / W110 mm×D110 mm×H190mm

キャビスパ for Pro プレミアの商品ページへ

キャビスパ for Pro プレミアについてもっと詳しく

デタッチウェーブ

デタッチウェーブのイメージ
画像引用元:FAVORITE PLUS
(https://www.favorite-plus.jp/beauty-equipment/detach-wave(デタッチウェーブ)/)

強い振動によって脂肪をもみほぐすメカニズムが特徴。施術の際の痛みを感じにくいのがポイントです。「痩身エステでよくある痛い施術はイヤ」というお客様にもおすすめ。

口コミ

「たった60分でしっかり効果が出ました。また、集中的にケアした太ももからおしりにかけての肉質が、硬かった施術前と比べてふわふわになりました。体験当日は、水分をたくさん摂ってしっかり排出すると、さらに効果が上がるそうです」(お客様)
引用元:楽痩せダイエットまとめ(https://rakuyase-diet.jp/archives/5601#06)

価格:公式サイトに記載なし
波長:振動波
重量・サイズ:約7.1kg / 約W320mm×D330 mm×H270mm

デタッチウェーブの商品ページへ

デタッチウェーブについてもっと詳しく

業務用エステ機器の
無料体験会潜入レポート!

購入金額を考えると、すぐに買い替えることは難しい業務用エステ機器。買い物に失敗しないためにもエステ機器を導入する前に詳しい業者に相談したり、実際に製品を見たり体験することが大切です。
そこでここでは、人気業務用エステ機器の無料体験会の様子を徹底レポート!公式サイトではわからない、機器の使い心地や操作のしやすさ、スタッフの対応力などを詳しくまとめています。ぜひ、エステ機器導入の参考にしてみてください。

今回のレポーター

img01

ルミさん

エステティシャンの経験を活かし、完全予約制のプライベートサロンをオープンしました。
今回、体験会に行く3機器はいずれも存在は知っていますが、実際に使ったことはないものばかり。プロの目でじっくりチェックしていきます!

フォーカスネオ

フォーカスネオのイメージ画像

操作は「ボリューム調整&照射スピードの設定」だけ!

とにかく操作が簡単でした!小ぶりなので、経験の浅い方でもすぐに扱えるのではと思います。導入研修などで新人さんにじっくり教え込む手間が省けるので嬉しいですね。照射中に、肌に刺激があるかの確認をこまめに行っていました。

ピリピリする痛い刺激で施術するよりも、受けている方が心地良いと感じる強さで行うのが良いのかと感じました。一回よりも数回受けてみて効果の分かるものだと思いました。価格は1,290,000円とのことで、かなり良心的だと感じました。

熱の伝わり方を丁寧に教えてくれました

フォーカスネオのイメージ画像

機器の説明は分かりやすく、資料に沿って順序よくお話ししてくださったので機器の事がしっかり理解できました。アクリル板を使用した熱の伝わり方なども丁寧に教えていただきました。緑色の丸い部分に、フォーカスネオを照射すると赤い色が出てきました。(※写真参照)

肌への安全に配慮し、かつ効果が期待できる最適な温度で施術ができるということが良くわかりました。透明の部分のアクリル板は、一点集中で機器を動かさずに照射した場合の危険性を教えてくれました。パチッ!という音とともに、板に小さい突起ができました。肌深部にも同じことが起こり危険なので、必ず円を描きながら動かしてください、と教えていただきました。スタッフの方の対応がとても丁寧で安心できました。

明るい雰囲気の会場&丁寧な対応の女性スタッフ

会場へは代官山駅から向かいましたが、恵比寿駅のほうが近いと思いました。場所も分かりやすかったです。ビルも見つけやすく、暗い夜道の中もすぐに確認ができました。代官山と恵比寿の間にありオシャレな街の中にあるなぁと感じ、女性が好きそうな街ですし、美容系のイメージと当てはまるような気がして期待して伺いました。

会社の入り口はスタイリッシュな雰囲気で、会社のロゴが壁にデザインされてありました。オフィス内から女性の笑い声が聞こえてきて、明るい雰囲気だと思いました。会社へ到着後の最初のお出迎えから機器の説明→施術→価格のお話し→お見送りまで、すべてを同じ女性の方が担当してくださいました。

まとめ

img01

ルミさん

フォーカスネオの施術体験をインスタグラマーさんなどに宣伝していただいて、会社の取り組み方に華やかな印象がありました。会社内にサロンも併設されていて、エステを受ける事も出来るそうです。薄い緑色のパステルカラーを基調とした、とても素敵なサロンでした♪

フォーカスネオの特徴とは?

フォーカスネオのイメージ
画像引用元:フォーカスネオ公式LP
(https://www.b-shin.com/focusneo.html)

従来のヘッドが大きいハイフでは、火傷しないよう顔の凹凸に密着させるための練習が必要でした。しかしフォーカスネオはヘッドが小さく、練習30秒で操作することができます。
フェイシャル&ボディどちらもOKなのも魅力!購入時に4.5mm・8mmのヘッドが選べ、脂肪の厚みに合わせて調整できます。フェイシャルならsmas層、ボディなら脂肪層へ徹底アプローチ。
アフターフォローが充実しているのもポイント。日本人のエンジニアと、複数店舗の展開経験を持つ会社代表が、徹底的にフォローしてくれます。

>フォーカスネオの公式サイトで
導入について聞いてみる

電話で問い合わせる

キャビフル

キャビフルのイメージ画像

購入後は基本操作や施術のポイントがわかる導入講習あり

見ている限りでは操作は簡単だと感じました。電源ボタンを入れてから強さの調整をしてすぐに肌に当てました。購入後は導入講習があり、基本的な操作方法や施術のポイントなどを指導してくださるそうなので導入後も安心だと感じました。

肌に当たった部位は痛みなどなく、リラックスして受ける事ができました。価格は1,930,000円とお聞きしましたが、妥当だと思いました。

スタッフは営業さんと施術者のお2人

営業さんと施術者のお2人で対応して頂きました。緊張している自分に対して気持ちをほぐしてくれるような気遣いや言葉をくださって安心できました。人がちゃんとしている、良い会社だと思いました。

会場は最寄駅(浜松町駅または大門駅)からもわりと近く、場所も分かりやすかったです。会社の入っているビルも名前が確認しやすい表示になっていて迷う事なくスムーズに到着できました。

会社の入り口は美容機器などの展示物が色々とありました。体験会のお部屋にもお化粧品など沢山展示してありました。会社へ到着後は、和やかな雰囲気の男性が体験会のお部屋まで案内をしてくださいました。

キャビフルのイメージ画像

まとめ

img01

ルミさん

RFラジオ波とキャビテーションの超音波を別々に行うとRFの効果が薄れるそうで、キャビフルは同時に肌へ当てる事ができる為、高い効果が期待できる点が優れた機器だと感じました。購入後のフォローも手厚いとの事で、購入したら「はい、終わり」ではなく、その先も相談できるのが嬉しいです。

キャビフルの特徴とは?

キャビフルのイメージ
画像引用元:BEAUTY GARAGE公式サイト
(https://www.beautygarage.jp/p/ES-2388N-S)

太ももやお腹、ヒップなどのセルライトのほか、内臓脂肪や冷え・むくみなど、さまざまな悩みに対して使用することができ、幅広いお客様に試していただけるのが魅力の機器です。
身体だけでなく、フェイシャルも対応しており、顔に当てる場合は、専用のハンドピース(S)を使用します。
操作が難しくないのもうれしいポイント。専用のハンドピースを施術箇所に当てて、絶え間なく動かすだけの簡単操作です。

>キャビフルの公式サイトで
導入について聞いてみる

電話で問い合わせる

ハイパーナイフEX

ハイパーナイフEXのイメージ画像

じんわり熱が伝わって温まりました

今回はお腹の施術を体験をしました。じんわり熱が伝わってきて徐々に温まりました。操作も複雑な事はなさそうだったので良いなと感じました。価格は1,300,000円とのことでした。

専門的な質問も丁寧に回答

訪問後に、ショートメールでやり取りした営業さんがすぐ駆け付けてくれました。爽やかで元気で明るい営業さんでした。会議室に通されて資料を拝見しながら機器の説明が始まりました。専門的な少し突っ込んだ質問まで丁寧に答えてくださり勉強になりました。

場所は京王井の頭線の神泉駅からすぐ

場所は京王井の頭線の神泉駅から、すぐ目の前にあるビルでした。とても近くて良い立地にあるなぁと思いました。渋谷駅からも歩いて徒歩10分~15分くらいで道玄坂を上っていっても割と苦にならず近いと思いました。外観は白色のオフィスビルで、落ち着いた雰囲気です。

ビルに到着してからエレベーターで上がると、入り口にクリスマスをイメージした装飾が施されていました。奥のオフィススペースは賑やかな雰囲気でした。

ハイパーナイフEXのイメージ画像

まとめ

img01

ルミさん

機器を購入してからも、中の方達と長いお付き合いになるという事を考えるとやはり機器の良さも大事ですが、人も大事だと思いました。接客もきちんとしていると思いました。

ハイパーナイフEXの特徴とは?

ハイパーナイフEXのイメージ
画像引用元:ESPERANZA公式サイト
(http://www.indibasalon.com/hyperknife-ex.html)

一般的な温熱機と比較したときに、脂肪層へ直接的に熱が伝わるのが特長。そのため部分的なシェイプに適しています。「ほぐし」の作用により、小さくなった脂肪や老廃物をスムーズに流します。
痩身だけでなく、女性に多い脚のむくみや肩コリ、腰痛などの悩みに対してもアプローチすることができます。
「フォローアップセミナー」を開催しているのも注目ポイント。

>ハイパーナイフEXの公式サイトで
導入について聞いてみる

電話で問い合わせる

そもそも業務用痩身機器とは?

業務用痩身機器とは、エステサロンや美容整形外科クリニックなどで使われる、専用の痩身機器のことです。

市販品にはない強力なレーザー機器や、熱・超音波などを用いて脂肪に働きかける機器などがあり、全身に使えるものから部分用のものまで揃っています。

直接皮膚に熱や超音波を当てるものばかりではなく、脂肪を吸引しながら落とすバキュームタイプの機器や、トレーニングジムにも設置されている振動マシンなど、間接的に脂肪に働きかけることのできるマシンもあります。

業務用痩身機器のメリット・デメリット

業務用痩身機器のメリットは、従来の家庭用痩身機器にはない高い効果が得られるということです。皮膚の深層までラジオ波を到達させられる光キャビテーション機器や、美容外科でも行われている「サーマクール」なども手に入ります。

いずれも専門的な治療にもかかわらず、自宅で手軽に施術ができることが大きな特徴です。エステサロンで何十万もかけてコースを契約する必要がなく、基本的には初期投資のみでOK。低コストで高い効果が得られるというメリットが期待できます。

デメリットとしては、専門性の高い機器であるため、家庭用の痩身機器と取り扱いが異なるケースがあるということです。

また医療用レーザーなど、医師にのみ施術が認められている機器については使用することができません。万が一医療用レーザーのような専門的な痩身機器を使用した場合、思わぬトラブルに遭ってしまう可能性もあります。

業務用の痩身機器を扱う際には、正しく使い方を守り、定期的なメンテナンスを重ねていくことが大切です。

業務用痩身機器の効果

業務用痩身機器は、家庭用痩身機器と比べて高い痩身効果が期待できます。従来の機器では施術の効果がほとんど現れなかった場合でも、業務用に替えることでしっかりと効果を出すことができます。

ラジオ波による痩身を例に挙げると、家庭用のものは浅いところまでしか波長が届かないように設計されていますが、業務用のものは奥までしっかりと届くようになっています。そのため、短時間で結果を出したい時はもちろん、長期的に痩身効果をあげるのにも適しています。

また、クリニックのように、高いお金をかけてコースを契約し、その後も何回かコースをやり直す・・・といった手間などがかからないため、コストダウン効果も望めます。

業務用痩身機器を
利用できない人っているの?

業務用の痩身機器は、医療用レーザーのように取り扱いができないものがあります。そのような機器を手に入れてしまった場合、専門性がなければ正しく取り扱うことができないため注意が必要です。

痩身機器は基本的に脂肪層の厚い場所(お腹や太ももなど)に使うべきもので、皮膚の薄い場所や粘膜などへの使用は禁止されています。取り扱いに向かない場所に誤って使用することのないよう注意しなければなりません。

痩身を行う際には、説明書の通りに正しい手順で機器を動かさなくてはなりません。ジェルが必須の場合、乾燥した肌に直接器具を当てると火傷やケガをするおそれがありますので、必ず必要なものは前もって準備をしておくようにしましょう。

さらに器具を皮膚に当てる際には、皮膚にダメージがないことを確認してから行うようにしましょう。超音波やラジオ波などが傷を悪化させてしまう可能性があるためです。

火傷や切り傷、ケロイド、出血などがある場所は絶対に避け、何もないきれいな状態の皮膚に器具を当てるようにしましょう。

さらに妊娠中の方や、お子さん、ご高齢の方など、痩身機器の使用が適していない方は使用を避けましょう。機器を当てる場所に炎症があったり、病気の治療中の場合も使用は控えた方が良いでしょう。

業務用痩身機器の種類

業務用痩身機器に使われている機能は、高周波、超音波、RF、ラジオ波、HIFU、キャビテーションなどなどありますが、これらを大別すると「高周波」と「超音波」の2種類に分けることができます。

高周波と超音波の違いは、使っている周波数。高周波はラジオ波(RF)、超音波はHIFUやキャビテーションというくくりになります。

ダイエット効果を見ると、高周波には「体内の脂肪燃焼をアップさせる」作用が、超音波には「体内の脂肪を壊して痩身させる」という作用があります。

高周波と超音波では
どちらのほうが痩身に効果的?

高周波と超音波、どちらのほうが痩身に効果的か、これは一概にどちらが良いとは言い切れません。最近のエステサロンでは、この高周波と超音波を同時に施術し、相乗効果を狙うことも多く見られます。

例えば、ラジオ波には施術後も2週間前後は脂肪が燃えやすくなるというメリットがあり、キャビテーションはその日にある程度の脂肪はなくなりますが、燃焼が続くのはそれから2~4日と短期間。そこで、ラジオ波とキャビテーションを組み合わせることで、即効性と持続性のある痩身を行うというわけです。

もしも脂肪そのものを減らしたいという人がいたら、メインをキャビテーションにするのも良いでしょう。ボコボコとしたセルライトが気になると言う人は、ラジオ波がおすすめです。

ただ、キャビテーションは乳化した脂肪細胞の排出を行うためにアフターケアが必要となるため、やはりラジオ波なども一緒に受けてトリートメントする場合が多く見られます。

高周波が良いか超音波がいいかは、エステティシャンによく相談する必要がありますが、業務用痩身機器はマシン名の種類も色々あってわかりにくいもの。種類を知っておくことである程度の目安になります。